株式会社メディアプラス|ソフトウェア受託開発・技術者派遣、様々なシステム開発に対応

デバドラ開発

デバイスドライバの革新的開発手法

Windows 7など最新のOSをはじめ、その他各種のOS向けのデバイスドライバ開発を行います。
弊社ではアプリケーションに対してシンプルかつ柔軟なインターフェースを提供しつつ、マルチコアCPUや64Bit対応など先進の環境でも安定し、システムのパフォーマンスを最大限に引き出すデバイスドライバを提供します。
 弊社ではデバイスドライバの開発にオブジェクト指向言語であるC++を用い、独自のクラスライブラリ・フレームワークを構築しています。長年の開発実績で培われたこのクラスライブラリにより、高品質かつ低コストなデバイスドライバを開発することが可能です。以下にその特徴を示します。

ひとつのソースから複数のOS向けドライバーを作成

OSの違いを吸収する独自フレームワーク


icon/device_figure01.jpg

独自開発のフレームワークは、OSの違いを抽象化するため、階層化された設計思想に基づいています。
これにより、製品固有の実装部分を共通的に流用して、Windows版とLinux版両方のデバイスドライバをまとめて
作成することができます。OS機能に依存する処理はフレームワーク内の一部分で
吸収されているので、製品固有の実装は、このフレームワークの上層とのみインターフェースを取ることになります。(右図参照)共通のソースコードから複数のOS向けのデバイスドライバを開発できるので、コストダウンにつながります。

Linux製品をwindowsで開発して低コスト化を実現

windows版/Linux版デュアル開発ソリューション


前述のフレームワークを用いることで、Windows版 / Linux版の両対応が低コストで可能となり、製品のラインナップを広げることができるのはもちろん、製品開発時にもいくつかメリットが生まれてきます。
以下ではLinux向け製品の開発におけるソリューションを紹介します。

icon/device_figure02.jpg
icon/device_figure03.jpg

PCIやUSBをはじめ、各種のバスに対応したデバイスドライバが作成可能です。
APIまで含めて提供するので、それぞれのバスの違いをインターフェースレベルで吸収し、アプリケーション側からは違いを意識しないで済むようにすることもできます。
例えばUSB版、 PCカード版で同様のデバイスを作成する場合でも、アプリケーション側のプログラムは全く同じものが動作します。(右図参照)




デバイスドライバ開発の価格例

弊社にてドライバ開発をご依頼いただいた場合の費用の一例を以下に示します。

電子顕微鏡の画像をPCにて解析するシステムの例

icon/device_figure04.jpg
  • ズーム、レンズの移動などの制御
  • DMA転送による画像データの取得
価格表
NO.概要数量金額
1PCIドライバ基本機能
■PCIコンフィグレーション空間へのアクセス
■PCIリソース(メモリ、IOポート、割り込み)の操作
■DMA転送によるデータの送受信
ーーー300,000円
2PCIリソースの操作による独自機能(1機能 50,000円)※5機能250,000円
3現地立会い・結合テスト(1日 40,000円)※5日200,000円
合計750,000円

『PCIリソースの操作による独自機能』と『現地立会い(結合テスト)』は、お客様のシステムによって数量(機能数、日数)が異なります。

計測器をUSB接続にて制御するシステムの例

icon/device_figure05.jpg
  • 計測の開始、終了などの制御
  • シリアル通信による計測データの取得
  • 活線挿抜(ホットプラグ)対応
価格表
NO.概要数量金額
1USBドライバ基本機能
■デバイスとの通信
■活線挿抜(ホットプラグ)対応
ーーー300,000円
2シリアル通信による独自機能(1機能50,000円)※10機能500,000円
3現地立会い・結合テスト(1日 40,000円)※5日200,000円
合計1,000,000円

※『シリアル通信による独自機能』と『現地立会い(結合テスト)』は、お客様のシステムによって数量(機能数、日数)が異なります。